契約は法律行為の基礎

契約という法律行為を学ぶ

法律の基礎である契約について

契約は、法律行為の基礎となる概念です。正確に言えば、あくまで合同行為、単独行為を含めたうちの一つということになりますが、人と人が相対して行われる点が他の類型と比べてベーシックであるため、基礎と考えることができます。したがって、法律行為について学ぶには、契約について学ぶ必要があります。これについては、民法に規定がなされています。ただ、民法はパンデクテン方式を採っているため、必ずしもその部分に重要なことは書かれておらず、骨格は総論部分に書かれています。所見の場合は迷ってしまうため、基本書を読んで理解するのが最も効率的に勉強ができます。

契約で成り立っている社会

現代社会では様々な物事が双方が取り決めた決まりに従って成り立っています。その為、その決まりを明確にし、お互いに理解をした上で様々な行為をすすめていくことが非常に重要です。社会の中では法律がその決まりになりますが、それだけではそれぞれの詳細な部分についてその全てを網羅することができません。そこで個々の物事に付いてその決まりをお互いに取り決め、これを守って行うことに合意したことを示すのが契約です。法律に於いてはその契約が基礎となり、例えばトラブルが発生した際などはこれに基づいて処理をすることが定められています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネス関連の法律を勉強 All rights reserved