相続税という法律

相続には法律知識が必要

相続は立派な法律問題です

相続は民法という法律で様々なルールが決められ、正しく理解しておかないと損してしまったり、時には罰則を受けることもあります。例えば、民法には亡くなった方の財産の分け方や当事者が誰であるかなども規定しています。こういった基礎的なことを知っておかないと、いざ自分が直面した時に、とても苦労することになります。法律は文章が難しくて理解するのが大変、そういった方も多いと思います。そのような方は、是非書店に行ってください。相続関連の本はとても多く出ています。分かり易く解説しているものもあり、簡単に理解できるものもたくさんあります。それを読むことで基礎的な知識を身に着けることができます。但し、もしご自身が複雑な事柄に巻き込まれてしまったら、すぐに弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。

相続税と基礎控除額について

相続税という法律には基礎控除があります。これは、承継する遺産の総額から差し引く事ができる金額であり、遺産の総額が基礎控除額を超えた場合に税金が発生します。具体的には、3000万円に法定相続人1人に対し600万円を加算した金額が控除額となります。実際には、1億6000万円まで非課税となる配偶者控除などもあるため、税金を支払う人の割合が極端に少ないです。そういった事情もあるため、この法律には存在意義がないと主張する人もいますが、財源の確保、貧富の差の拡大を抑制などの理由もあり、近年、万人に公平な制度になるような議論を望む声が増えています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネス関連の法律を勉強 All rights reserved